職種別スタッフの声

保育士

1日のスケジュール

活躍する保育士へのインタビュー

スマートキッズに入社した理由は?

主に2点あります。元々は保育士資格を取得して、保育園に勤務…と考えていたのですが、
特別支援学校に実習に行った際に障がい児の支援に興味を持ったことが1点目。
そして2点目はスマートキッズが掲げる「教育の力により子ども一人ひとりの可能性を最大限支援すること」という理念に強く共感できたことです。
教育にも強い関心を持っていたので、理念どおりに子どもたちの手助けが出来ればと思い、新卒で入社しました。

スマートキッズはどんな職場ですか?

・皆さん本当に優しい。何でも相談しやすいし、自分の意見も言いやすい。
・マネージャーさんやエリアサポーターさんを含む、本部事務局のサポートも厚く、頼りになるし心強い。
・教室をたくさん展開しており、それに伴うノウハウの蓄積が幅広い。
・保護者の方からの信頼が厚く、スタッフと保護者で一丸となって濃い療育・支援が出来ている。
・健全な労働環境下で働ける(残業は禁止!)。
などなど、具体例を挙げるとこんな感じでしょうか。

保育園や幼稚園に勤務している友達もたくさんいて、お互いの仕事の話しも当然するのですが、
「1日の拘束時間が長かったり」「持ち帰りの仕事がたくさんあったり」「女性の職場なので、女性特有の人間関係があったり…」
と本当に大変そうです。うちは働きやすい職場なんだな、と実感しています。

この仕事のやりがいや楽しさは何ですか?

ありきたりかもしれませんが「子どもが出来なかったことが、自分たちのサポートで出来るようになった時」でしょうか。
一例を挙げると、喋られなかった子どもが、日々の療育を経て喋られるようになり、私の名前を呼んでくれた時は本当に嬉しかったし感動したことを覚えています。
保護者の方とも喜びを共有し、感謝されるのも嬉しいですね。

この仕事で一番苦労したことは?

入社して2か月後に同僚スタッフが複数人同時に辞めた時がありました。
一気にスタッフが減ったことは、保護者の方から不信感を招きましたし、
自分自身、ほとんど経験がない時期でもあったので、どうしたらよいのかとても不安になりました。
厳しい状況下でしたが、管理者をはじめとする残ったスタッフで協力して教室を運営していき、
また、当時のエリアサポーターも毎日電話をくれて、色々とサポートしてくれたおかげで乗り切ることができました。
今では保護者の方からより厚い信頼を得られていると自負していますし、入社して間もない時にこういう事態を乗り越えられたのは大きな自信になっています。
同時に、スマートキッズのサポート体制の強さに嘘偽りがないことを実感した時でもありました。

保育士の資格はお仕事をする上で、どの辺が活かされていると思いますか?

子どもの発達に関しては勉強しており、基本的なことは頭に入っているので
教室に来られるお子さまの発達段階を想定し、各々に適した質の高い支援ができていると思います。

どういった方に応募してもらいたいですか?

皆さんがおっしゃると思いますが、「子どもが好きな人」「他人の喜びを自分のことのように喜べる人」でしょうか。
もちろん、これらの想い・気持ちだけでは仕事は上手くいきません。
子どもが言うことを聞かなかったり、思うように進まないこともたくさんありますが、
頭ごなしに否定するのではなく、肯定的な反応をして真摯に向き合うことが大切ですね。
困難の先には喜びがたくさんあります。それらをたくさん経験して、自分なりのやりがいを見出していただければと思います。

今後どのようなキャリアを積んでいきたいですか?

まだ経験が浅いと実感しているので、まずは実戦をたくさん経て、経験値を上げる。
同時に療育に関する知識をしっかりと身に付けて、仕事を半信半疑ではなく確信を持って進められるようになりたいです。
あと、管理者やエリアサポーターといった職にも興味はあるので、いずれはそういった道もありかな、と考えています。