インタビュー:公認心理師として心理面からサポート

これが私の仕事

個別・集団活動の対応はもちろん、サービス提供記録や教室日誌の対応をしています。
サービス提供記録には、当日の活動の内容を記載するのですが、何を目的として取り組んだのか、お子さまの様子を端的に伝えることを意識しています。
最初は大変苦戦しましたが、今では保護者様から、家ではみられない姿が記録として見れると嬉しいと言ってもらえます。 しっかりと伝わっていることが、とても嬉しく思っています。

私がこの会社を選んだ理由

ここが好き

公認心理師として心理面からお子さまたちをサポートすることができているので、スマートキッズはこれまで自分が培ってきたものが活かせる職場だと思っています。 このように深く考える視点は心理士ならではだと思います。 また最近では、教室心理士として教室内の研修を担当しています。

だからこの仕事が好き!

一番嬉しかったエピソード

感情が抑えられないときに物にあたってしまうお子さまがいました。
当時は小学校1年生だったのですがイヤなことがあると感情的に「イヤイヤ」と言うだけでした。
なにがイヤなのか気持ちを聞くことから始めたのですが、なかなか最初は言葉で伝えられませんでした。
繰り返し、少しでも言葉で伝えることができたら褒めることを積み重ねて行うことで、徐々に気持ちが伝えられるように。
小学校3年生になった今では、しっかり気持ちを言葉で説明できるようになりました。
最近は、その先の未来のことも考えられるようになったんです。
自分の支援の結果によって、お子さまの成長を感じられるのはなににも変えがたいやりがいの1つです。

募集要項・エントリー